医薬品と医薬部外品の違いが判る情報サイト

>

医薬品、医薬部外品を理解したら化粧品も知っておこう

化粧品てどういうものをいうの

化粧品の効能のイメージってどんなことをお持ちですか。実は化粧品には効能は謳っていません。というよりは謳えないのですね。
有効成分という表現は出来ないので、「肌が白くなる」なんてことは間違っても謳えません。つまり肌を清潔にするとか保水するといったことを目的にした商品なんです。ですから普通の商品としてコンビニなどで普通に販売できるのです。
化粧品について知っておいてほしいことが一つあります。それはその成分がすべて表示されていることです。つまり自分に合った素材なのかは使う前でもわかりますし、使って異常があったら何が原因なのか判断しやすいですよね。長く毎日使うことが多いのですので、「いつも使っていたから」、「高い化粧品だから」等といった基準で選ばず自分の肌などに合った化粧品を見つけ使用することをお勧めします。

自分に合ったものを見つけよう

皆さん医薬品、医薬部外品、そして化粧品の違いについては少しお判りいただけたでしょうか。
効能をうたっていない化粧品であっても肌に合わないこともあります。ましてや薬効をうたわれている医薬品については副作用というリスクは可能性を排除できません。自分の判断で選択した一般医薬品などについても買ったから使い続けるということではなく合う合わないを見極めることは非常に重要ではないでしょうか。勿論プロではないので知識は不足しているので判断は難しいですが、最低限の知識であってももし何か異常を感じたらその内容を医師、薬剤師に連絡し判断を求めることは可能ではないでしょうか。
人生の中で医薬品、医薬部外品などは長く付き合う可能性があるものですので是非自分に合ったものを見つけていくことをお勧めします。


この記事をシェアする

TOPへ