医薬品と医薬部外品の違いが判る情報サイト

>

医薬部外品っていうのはどんなものをいうの

医薬部外品はどういうものをいうのでしょう

医薬部外品は医薬品と同じ法律に規定されています。
人体に対する作用が医薬品よりも緩やかなものや病害虫の駆除等に使用する薬剤等が含まれます。医薬品に準ずるもので、効果は認められるが用途を守れば副作用はないとされているようなのでので、販売に関して薬剤師や登録販売者は不要です。ただし効果については医薬品ほどには期待できないようです。
ところが稀に医薬品であったものがメーカーの思惑で、医薬部外品に変更している場合がありますが、これは基本的に販路の拡大を図るために変更していることが多いようです。確かに販売場所に制限がなく24時間販売できればメリットは大きいと思いますよね。とはいっても医薬品時代の効果については何だったのかなという疑問も残りますが。

医薬部外品であっても注意すること

医薬部外品であっても注意することはあります。
現在、効能があるとうたわれ、コンビニなどでも多くの商品が販売されている医薬部外品ですので、必要な方は上手に活用することで体調の管理維持には有用なものであることは疑う余地はありません。
但し、若干の効能を過大に広告し医薬部外品として販売しているものもあるかもしれません、効能だけを鵜呑みにせず自分の体調や効果をきちんと把握し上手に利用したいものです。
さらに副作用がなく薬効が認められるということで便利な医薬部外品ですが、例えば体調不調時にその対策でない効能の入った医薬部外品を大量に摂取するといったことは無駄であるばかりでなく、体調の悪化を誘発する可能性もないとは言えませんので避けるべきではないでしょうか。


この記事をシェアする

TOPへ