医薬品と医薬部外品の違いが判る情報サイト

>

医薬品ってどういう分類なの、販売者の制限ってあるの

一般医薬品はリスクに応じ3種類に分類!

ここでは比較的に手軽に購入できる一般用医薬品について確認していきましょう。
一般用医薬品はリスクに応じ、さらに第1類、第2類、第3類と分類が分かれています。
第1類医薬品はリスクが比較的高いため薬剤師の確認が必要になります。
第2類医薬品はほとんどのものが通常販売される薬です。ただし一部薬剤師が確認するリスクのある医薬品がありますがほとんど登録販売者だけでの確認で販売が可能になっているようです。
第3類医薬品は通常販売されるもので、基本的には比較的副作用が少ないものが多いようです。こちらは登録販売者だけでの販売が可能です。
尚、記載されているリスクの程度は医薬品によって差異があるため購入時は必ず確認をすることをお勧めします。

低リスクの医薬品は幅広く販売できる

もともと副作用などのリスクがある医薬品の販売には、専門家である薬剤師による確認と説明が必要だったため、薬局での販売が主流でした。しかし深夜営業が少ないなど必要なタイミングに消費者が入手できないという不備が指摘もされていたようです。
その対応として低リスクの医薬品について確認し販売できる登録販売者という資格制度が導入されました。この登録販売者という資格保持者がいる店舗であれば、その資格の範囲内で低リスクの医薬品販売が可能になり、現在は多くの長時間店舗で販売できるようになってきています。ただし医薬品である以上リスクは存在するため、妊娠中の服用を避ける、軽微な副作用等は認識し必要な用量を守る等、安全性への配慮といった個人の責任については留意する必要があります。


この記事をシェアする

TOPへ