医薬品と医薬部外品の違いが判る情報サイト

医薬品ってどういう分類なの、販売者の制限ってあるの

医薬品はその分類内容により、医師が処方し薬剤師に調剤してもらい購入出来るもの、薬局で薬剤師から購入するもの、さらにはドラッグチェーンやコンビニなどで簡便に購入するなど様々なところで購入できるようになっています。ここでは比較的いろいろな場所で購入できる一般医薬品について確認していきましょう。

医薬部外品っていうのはどんなものをいうの

胃がむかむかする、口臭が気になるなどの不都合は時と場所を選びません。というより深夜や出先で発生することが多いのではないでしょうか。そういったときに必要なものが医薬部外品として売られています。それでは医薬部外品というものはなにかを確認していきましょう。

医薬品、医薬部外品を理解したら化粧品も知っておこう

皆さんの近所のドラッグストアやコンビニなどでは様々な種類メーカーの化粧品が販売されているのではないでしょうか。実はこの化粧品も医薬品や医薬部外品と同じ法律に基準が記載され、その規制を受けているのです。ここでは化粧品がどのような位置づけなのかを確認していきましょう。

一般医薬品を確認して見ましょう

医薬品、医薬部外品等は「医療品医療機器等法」という法律により規定されています。
規定により医薬品がもつリスクを勘案し分類されており、さらにそのリスクに応じて販売するための資格を設けられているため販売できる場所や販売者が制限されているのです。その2つを理解することが出来れば逆にどんな医薬品がどこで購入出来るのかが把握し易くなると思いますのでそちらを確認していきましょう。
先ず初めに医薬品の分類について確認していきます。
実は医薬品は大きく三つに分類されているのです。一つは医療用医薬品、二つ目は要指導医薬品、三つめが一般用医薬品と言われるものです。
一つ目の医療用医薬品は医師が処方箋を書き薬剤師が処方するものです。医師の処方が必要ですのでその指示がなければ購入ができません。
二つ目は要指導医薬品です。医療用医薬品だったものが薬剤師の確認だけで販売が出来るようになったものです。ただこの薬剤師の確認というのが販売時には必ず必要で、売り場があっても薬剤師が在籍していないと販売できないのです。この医薬品は鍵のついたガラスケースなどに入っている場合が多いようです。
三つめは一般用医薬品です。こちらは副作用によるリスクが医療用医薬品、要指導医薬品より少ないということで基本的にドラッグストアチェーンなどで薬剤師や登録販売者の確認によりの販売が可能です。ただこの医薬品はさらに第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品の三つに分類されており、その医薬品の持つリスクに応じ薬剤師の確認が必要な医薬品あるいは薬剤師若しくは登録販売者のどちらかの確認が必要な医薬品があります。

おすすめリンク

清水区の調剤薬局求人

清水区にある調剤薬局の求人情報をまとめました。仕事内容、時給・月給など比較してみてください。

TOPへ